星を整え、より良い未来へ。

星読みによるリアル体感を発信中!

月ノーアスペクトは自分の気持ちを言語化しづらい?

 

月は、本能的な欲求や感情を表し、

天体の中でも特に重要で

生きる上での基盤となります。

 

月を満たしていないと

どうも元気が出なかったり

情緒不安定になったりすることも。

 

月は「母親」を表し、

男性にとっては「妻」を表す部分でもあります。

 

 

天体のノーアスペクトは、

「その天体のエネルギーをどう発揮したら良いのかわからない」

という感覚になりがち。

良くも悪くもその天体エネルギーを純粋なまま溜め込むことで

その天体エネルギーが

全く出ていないかと思いきや

あるとき突然現れる、みたいに極端になることも。

 

洋風なお皿がなかったからケーキの雰囲気にマッチしてない…。

 

月のノーアスペクトは、

感情の言語化が難しく感じると言われています。

「私はこう感じる」がうまく言えない、みたいな。

「母親との縁が薄い」と表現されることも。

 

 

私の母親は月がノーアスペクトです。

 

母親と話していると、

「深く考える」ということをせず

ずっと上の空のような感じがするというか。

表面上の会話をしているような感覚があります。

 

「察する」「場の空気を読む」とか

「暗黙の了解を把握する」みたいなことが

本当にできないみたいで、

その場にいる人に対して失礼な態度をとってしまう場面を

何度か見てきましたが、

本人に全く悪気はない。

それに、指摘されたらすぐ素直に謝るし、

普段は人に対してとてもとてもやさしい。

見ず知らずの人にもやさしい。

ただ鈍感さはすごい。笑

※他の天体配置にもよるので

決して月ノーアスペクト持ちの方をディスっているわけではありません。

 

幼少期、いじめから助けてほしいと頼んでも

(いじめられる苦しみを想像することができないということなのか)

行動してくれなかった母親への恨みもあり、

「なんでこの人は人の気持ちに寄り添えないんだろう…」

という気持ちも積み重なり、

いつからか私は

母親に相談をしても無駄だと思うようになりました。

 

「いろいろと深く考察した上での楽観的」なら良いのですが、

考えなさすぎのポジティブさみたいなところが母にはあって、

それにはちょっと振り回されてきました。

 

「ケ〜セラ〜セラ〜♪」とかって母はよく歌っていますが、

「いやいや、ポジティブなのはいいけど

やることはちゃんとやってからにしてくれよ。」って

強度HSPの私はいつもヒヤヒヤしていました。

 

 

 

そして、母のノーアスペクトの月は

IC近くにポツン…と孤立しています。

 

母はひとりっ子で

2歳の頃に両親が離婚したらしく、

親権が母親(私の祖母)になるも精神疾患などがあり、

祖母(私の曽祖母)に育てられたような感じ。

 

ですが、小学校までは養護施設で育ち、

長期休暇のみ自宅に帰るような暮らしだったそう。

とても貧しかったみたいです。

その後も親戚の家で暮らしたり、

中卒で働きに出たり、

一般的な形の家庭ではなかったみたいです。

 

月ノーアスペクトの「母親との縁が薄い」というのは

強く表れているなぁと感じました。

 

私はその話を聞くと

ものすごく孤独で不安だっただろうなって

感じるのですが、

母親いわく、

「養護施設には両親がいない子や帰る家もない子たちが多かったから、

自分は貧乏でもまだ母親・祖母がいたし

自分が恵まれていないとか寂しいとかは特に悩んだりしなかった。」

とのこと。

 

もしかしたら月ノーアスペクトの影響で、

「寂しい」という感情すら感じにくい

というのもあるのかもしれません。

 

 

 

月ノーアスペクトにおける葛藤や生きづらさがあったとしても、

和らげたり活用する方法もあります。

 

月のサインやハウスのテーマを満たしていくのはもちろんのこと、

家族が月に調和的なアスペクトをくれてたら良いですし、

トランジット天体が月にアスペクトをとる時期に

何か行動を打ち出すチャンスにするのも良いと思います。

 

うちの母親の月は、

・父と同じ月星座

・姉の月と調和のアスペクト

・私の月と太陽と調和のアスペクト

がありますので、

家族をもつことで安心感が増えていればいいなぁ。

 

 

天体の中でも特に重要な月がノーアスペクトというのは

自分の素をどうやって出せばいいのかわからないのですから、

ある意味かなりしんどいのかもしれません。

 

ちなみに、私は月が1ハウスでハードアスペクトがありますが、

自分の素を出せない苦しさはありますが、

それを十分認識できていて、解決のために試行錯誤して行動してきたタイプ。

 

もしかしたら月ノーアスペクトだと、

「自分の素を出せていない」という感覚を認識することすら

難しいのかな?と思いました。

意識に上らせる前段階にある、というか、

感情の言語化ができないことについて別に何も感情が湧かない、

特に意識していない、みたいな?

母を観察しているとそんなふうに感じました。

↑ちょっとこの点に関しては勉強不足ですみません、勝手な考察です。

 

 

(これは自分の強度HSPも影響しているとは思いますが、)

母親の

「じっくり考えた上で寄り添うということをしてくれていない感」

に、何度もイライラしてきましたが、

初めて母親のホロスコープを見たときに

なんだか申し訳ない気持ちになりました。

あぁ、こういうことかぁ…と。

 

 

改めて、自分や家族の星を理解することは

良い関係をつくるためにもとても役立つし、

心のゆとりにも繋がるなぁと思いました。